岐阜県 子育て情報発信サイト はぐくみのわPROJECT
  >  はぐくみのわニュース  >  はぐくみのわプロジェクト キャリ☆ナビ 県男女共同参画・女性の活躍支援センター
2020/12/26  ©岐阜新聞社

はぐくみのわプロジェクト キャリ☆ナビ 県男女共同参画・女性の活躍支援センター

新たな気付きを提供 毎週水曜日に講座を開催

育児や介護まっただ中の方、求職中の方など、立場や年齢に関係なく、女性が自分自身について考える機会を設けようと県男女共同参画・女性の活躍支援センターでは、毎週水曜日にOKBふれあい会館(岐阜市薮田南)で少人数制の講座「キャリ☆ナビ」を行っている。2016年から行っており、これまでに400回ほどを開催した。コロナ禍では参加者同士の接触に気を付け、完全予約制で開催している。
 同センターのキャリアカウンセラーがナビゲーターを務める。テーマは回ごとに決められており、再就職や育休復帰後にどう働きたいかを探るものや、相手との考え方の違いを学ぶものなどと幅広い。
 参加者はテーマに沿った質問が書かれたワークシートに記入しながら自分の思いや考えを整理した後で他の参加者と語り合う。ナビゲーターと一緒に進めていくため、参加者同士が初対面であっても、自分の思いを打ち明けやすいのが特長。参加者からは「再就職を考えているが、コロナ禍で求人が減っている」「子どもの事情で休むことを理由にパートの雇止めに遭わないか不安」など、家族や友人に相談しても答えが見つかりにくい話題が出てきた際は、ナビゲーターが専門的な視点を交えて答える。
 同じ室内で保育士の資格を持つ職員による見守りもあるため、乳幼児連れで参加する人もめずらしくない。「子どもと家にいる生活では、自分の今後をゆっくり考えることはなかなかできない。子どもを見守ってもらいながら自分のことを前向きに考えることができてよかった」などの声が寄せられている。
 時間は午前10時からと午後2時からの各1時間(午前、午後とテーマは同じ)。参加無料で定員は各回4人(子連れの場合は2組まで)。参加希望者は、事前に県男女共同参画・女性の活躍支援センターに申し込む。

【1~3月のテーマ】
1/6・2/3・3/3 あなたはどのタイプ?生活シーンから考える適職診断
1/13・2/10・3/10・3/31 子育ても仕事も。そして私も。無理をしない自分でいるために
1/20・2/173/17 働きたいのはどんなところ?推理ゲーム感覚で考えよう
1/27・2/243/24 相手との考え方の違いを理解するには?カウンセリングマインドを使ってみよう

◆企業向けに出張講座 本年度から


 男女共同参画・女性の活躍支援センターでは本年度から、キャリアカウンセラーが職場に出向き、働く女性を対象に講座・検討会を行う「働く女性と企業のためのキャリ☆ナビ」をスタート。
 参加した女性からは「会社や周囲の理解と協力があっての今だとわかった」「これからのキャリアビジョンを描き、仕事とプライベートを良いバランスで保ちながら働き続けたい」などの声が、企業側からは「面談などでは聞けなかった本音が分かった」「感謝や前向きな気持ちを抱いてくれているので期待したい」との声が上がっている。
 女性と企業双方に寄り添う視点に立ち、専門家がナビゲートすることで継続就業を後押しするのが狙い。まず、開催を希望する企業の状況を把握した上でキャリアカウンセラーがテーマを提案。テーマは働き方そのものを見つめ直すものや、職場のコミュニケーション、子育て(介護)と仕事の両立、自分らしいリーダーシップへのチャレンジなど。
 開催当日は、企業内でキャリ☆ナビを行った後、受講後の思いや、今後、仕事にどう生かしていくかを参加者同士で共有する。後日、キャリアカウンセラーより、従業員の強みや潜在力、課題解決につながる工夫点や他社の好事例などを企業へアドバイスする「フィードバック」を受けることができる。

【予約・問い合わせ】
県男女共同参画・女性の活躍支援センター
電話058(214)6431

\ この記事をシェアする! /
2018/03/05  ©岐阜新聞社