岐阜県 子育て情報発信サイト はぐくみのわPROJECT
  >  はぐくみのわニュース  >  【ぎふのはね。】無理せず続けられる、節約方法を見つけよう
2021/10/17  ©岐阜新聞社

【ぎふのはね。】無理せず続けられる、節約方法を見つけよう

【ぎふのはね。】

無理せず続けられる、節約方法を見つけよう

「貯金を増やしたい」「節約しなきゃ」―。そうは思っていても、なかなか難しいのがお金のこと。「転職して年収アップ」「玉の輿に乗る」などは、多くの方にとってハードルが高い話でしょうから、無理なく続けられる節約習慣を見つけることが一番です。また、頑張りすぎるのも考え物。反動で結局、出費がかさんでしまう恐れがありますし、つらい気持ちが続くようであれば、あっていない方法なのかもしれません。ぎふのはね。編集部では、「続けられる」をキーワードに、取り組んでいる節約方法について周囲に聞いてみました。「自分にもできそう」なことがあればぜひ、初めてみては。何事でもそうですが、継続は力なり。習慣化が大切です。

 

財布を開くシチュエーションを減らす。

お店に行けば行っただけついつい買ってしまうので、水筒や小腹が空いたとき用のお菓子など、最低限は持ち歩いています。1日に1回も財布を開かなくて済んだ日は、心の中でガッツポーズをしています。(30代女性・家族構成→夫、小学生、5歳の子ども)

 

お腹がすいている時にスーパーへ行かない。

「空腹時に買い物に行くと、浪費しがち」という話を聞いたことがあります。仕事後などで仕方がないときはありますが、極力、休日の昼食後などにスーパーへ行くようにしています。(30代女性・家族構成→両親、4歳の子ども)

 

携帯電話のプランをこまめに見直し

どんどん安いプランが出てくるので、随時チェックしています。調べるのが趣味になりつつあります。「よりお値打ちなプランを」と、これまでに7社渡り歩きました。(30代女性・一人暮らし)

 

加湿器代わりに寝室に洗濯物を干す。

洗濯物を寝室に干してから寝ています。加湿器を使わなくて済む分、電気代の節約になっています。(40代女性・家族構成→夫と大学生、高校生の子ども)

 

良質な服を買って着倒す。

10万円ほどで買った憧れの一流ブランドのトレンチコートを10年以上着ています。今でも着ているとハッピーな気持ちになれます。品質が高いため、全然クタクタになりません。あと10年は着る予定。長い目で見ると節約につながっているかと。(30代女性・家族構成→夫と5歳の子ども)

 

財布に50円玉があったら貯金箱へ。

500円玉で取り組んだところ、ATMに行く回数が増えるなど、続けにくく感じてしまいました。私にとってちょうど良い金額が50円。50円玉がお釣りでもらえるように考えて買い物するのが今では楽しみになっています。半年ほどで好きな歌手のコンサートに行けるくらいの金額は貯まりましたよ。(40代女性・家族構成→母)

 

会社ではドリップパックのコーヒーを飲む。

会社では、ドラッグストアでまとめ買いしたドリップパックのコーヒーをいれて飲んでいます。1杯20円以下ですよ。駅のコーヒーショップは、たまにある土曜出勤の日に「自分へのご褒美」として利用しています。(20代女性・家族構成→両親、姉)

\ この記事をシェアする! /
2021/10/18  ©岐阜新聞社
2020/07/10  ©岐阜新聞社